RI.D2620静岡第2グループ富士宮RC会長 挨拶

国際ロータリー2620地区静岡第2グループ富士宮ロータリー会長

2018-19年度国際RC2620地区静岡第2グループ
     富士宮ロータリー会長    牧野 利一

2018~2019年度 会長所信

テーマ [クラブらしさを!]

 2018-19年度国際ロータリー会長バリー・ラシン氏(イーストナッソー・ロータリークラブ(バハマ、ニュープロビデンス島)所属)は、公共イメージの向上と、ロータリーのインパクトを広げるためのデジタルツールの活用に力を入れたいと考えています。
 また、ラシン会長のテーマ「BE THE INSPIRATION」(インスピレーションになろう)ですが、直訳的解釈ではなく、「可能性を指示し、そこに達する意欲を引出し、行動を通じて世界の為の道を拓いて行く」意味です。
 ロータリークラブが行っている良いことを知る人なら、それに加わり関心のあるすべての人がロータリーの活動に参加できるよう、入会を促進する新しい方法を考えなければならないと思います。
 ロータリーの可視性を高めれば、より多くの人に入会の魅力を伝え、世界中で多くの良いことを実現しているこの会員制組織を支えることができます。
 富士宮ロータリークラブも次年度RI会長の元、当クラブに相応しい組織作りで、自らの職業を全うする中「職業奉仕」と「会員増強」を中心とし、会員相互の親睦を計りながらクラブ運営に寄与したいと思います。
 前任委員の方々には、本年度のクラブ運営に、より良いアドバイザー役として、ご指導・ご鞭撻を賜ります様、心よりお願い申し上げます。