国際ロータリー2620地区ガバナー 挨拶

国際ロータリー第2620地区ガバナー

国際ロータリー 第2620地区
2017〜2018年度 ガバナー  松村 友吉(焼津RC)

<未来のロータリーを考える>
~変化すべきものと守るべきもの~

 2017 ~ 2018 年度の国際ロータリー会長は、イアン・ライズリー氏です。
 オーストラリアのサンドリンガムロータリークラブの会員です。そして、イアン・ライズリー会長のテーマが、「ロータリー:変化をもたらす」というものです。
 どんな変化をもたらすか?
 まず、外部に向けての変化として、我々をとりまく地域と国境を越えた世界を少しでも良くしていこうというものと、内部に向けて、時代や環境の変化に合わせてロータリーそのものも変化させていこうという、両面があります。
 外部に向けて変化をもたらすためには、我々は自ら行動し外部に働きかけて結果を出していかなければなりません。30 年以上根気よく継続して活動し、様々な障害に遭ってきたにも拘わらずこれだけの結果を出してきたポリオ撲滅活動のように、様々な人々の協力を得ながら多くの人を助ける価値ある活動を、これからも続けていかなくてはなりません。
 青少年交換のように、今すぐ人々の生命や身体に関わる事業ではないが、長い時間を掛けて世界の平和に貢献するような事業についても、我々は地道に活動を続けていく必要があります。地域や世界をより良くするために、外部に働きかけて変化をもたらしていくことが求められます。
 内部に向けては、組織や会員の活力の維持・発展のために変化をもたらす必要があります。
 その時重要なことは、時代や環境の変化がどんなものか、ということです。イアン・ライズリー会長は、3 つ挙げています。1 つはグローバル化。2 つめはIT化。3 つめは少子高齢化です。
 グローバル化については、ロータリー財団が活発に動き出した1963 年がロータリーグローバル化のターニングポイントだと言われていますが、 既に世界 200カ国120 万人会員の世界的な組織になっています。IT 化については、ロータリークラブ・セントラルに見られるように、ここ数年で急速なIT 化を国際ロータリーが進めています。我々会員もこの変化に付いていく必要があります。少子高齢化は、ロータリーにとって最も深刻な時代の変化で、 ロータリーをこれまで牽引してきた世界の先進国が程度の差はあれ少子高齢化によって会員の減少に苦しみ出しています。会員の減少は組織の弱体化につながりますから、国際ロータリーは大変な危機感を持って会員の活力維持 ・増強を呼びかけています。
 しかし、大事なことは、ロータリーの理念や価値観は全く変わっていないことです。中核的価値といわれる、親睦・高潔性・奉仕・多様性・リーダーシップはこれからもロータリーの中核的価値として生き続けるでしょう。ロータリーの目的も全く変わっていません。いつの時代も、変えていくものと変えてはならないものをしっかりと見極めることが大切です。
 我々ロータリアンも、一方で必要な変化をもたらしながら、一方で守るべきものは守って価値あるロータリー活動を続けていくことが求められています。